インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。
インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。
参考にしたサイト>>>>>歯茎と歯の汚れの原因追及