月別: 10月 2017

金属アレルギーの危険性

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
おすすめサイト>>>>>白い歯を歯磨き粉で作る

インプラントの人工歯

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
こちらもどうぞ>>>>>歯磨き粉を換えるとホワイトニングの効果が違います

インプラント治療の問題点

数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。
検査には問題ないのです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
参考:歯 ホワイトニングジェル 通販

インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。
ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
よく読まれてるサイト:歯磨き粉でホワイトニング効果を調べる

普段は保険適用外

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。
インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとにずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。
注意してください。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
引用:ホワイトニングジェルで効果的に歯を磨く