例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。
インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとにずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。
注意してください。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
引用:ホワイトニングジェルで効果的に歯を磨く