インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
こちらもどうぞ>>>>>歯磨き粉を換えるとホワイトニングの効果が違います