治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。
より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。
よく読まれてるサイト:歯 茶渋 落とす