よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が増えています。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
おすすめ⇒ホワイトニングジェルが人気沸騰中