妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。
体温低下で血行不順になると食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。
古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
血液の循環を良くして自律神経の働きを促し、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。
ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。
妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるということもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
穏やかな気持ちで治療を続けることは大切です。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが一番良いですね。
では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。
なぜなら通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。
では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。
ピジョンが発売している葉酸サプリには複数の種類のものがありますよね。
それに大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠にまとめて詰め込まれています。
こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜の野菜です。
赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくするという話があります。
ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
一度流産を経験しました。
私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を改善するために運動で体の調子を整えることにしました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性を治すことが出来ました。
自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。
果物では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。
あるいは、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。
柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いと思います。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
女性のみならず妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。
亜鉛は精子が活性化することを助けてくれるんですね。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみてください。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>妊婦さんに効果的な葉酸サプリを指導