重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。
よく読まれてるサイト:歯を自宅で白くする方法が流行しています