近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。
これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。
残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。
確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。
まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>ホワイトニング用の歯磨き粉でケアする事です